4月のスパンモデル取引結果まとめ。14勝4敗で+537,480円と高勝率&好結果に

今回の記事は金曜のスパンモデル取引結果と4月の取引結果まとめ、そして今日の未来予想ツールの為替相場予想について。

金曜はブログで書いたように未来予想ツールで円安方向に予想が出ていて素直に従った結果利益が出て、14勝4敗と高勝率を維持して終えることができました。

(画像は金曜に出ていた未来予想ツールの円安予想)
みらい予測チャート
お天気シグナル




(1) 金曜のスパンモデル取引結果


******************
 ・通貨ペア:ポンド円
 ・エントリー時間:8時20分頃(日本時間16時20分頃)
 ・エントリー位置:143.666
 ・トレード方向:ロング
 ・枚数:9枚
 ・決済時間:12時50分頃(日本時間20時50分頃)
 ・決済位置:144.062
 ・利益額:+35,640円
******************

取引の順序や取引手法は以下。



エントリー地点と決済地点は以下の位置でした。
スパンモデル取引結果

今回は冒頭に書いたように、未来予想ツールで円安予想がはっきり出ていたのが大きかったですね。

また決済位置についてもオートチャーティストによる決済位置最適化を実行したので、スパンモデルの通常時よりも早い決済を行っています。

これについてはスパンモデル本来の決済位置のほうが利益が大きく出ることもあるものの、勝率という点では少し早めに決済できたほうが勝率が高くなり、安定感が出て利益率が向上しました。

自分の場合自主ルールで終業時間までの決済と決めていることもあり、時間的なことと安定感を考えると決済最適化を行った方が良いという結論にいたって使っています。

(2) 4月のスパンモデル取引結果まとめ


4月のスパンモデル取引結果は、14勝4敗で+537,480円と高勝率&好結果になりました。



ポイントとなったのは太字にした3日の取引。スパンモデルでは平常時は少額利益や少額損切りが多いものの、月に3回か4回大きな相場とタイミングがあって利益が大きく伸びることが多いです。

そこでしっかり利益が伸びたことと、その後も小粒ながら利益を取れた日が多かったのが特徴的で、結果14勝4敗という高勝率となりました。

元々スパンモデルは勝率が5割を割っても利益が出るようなペースであり、それを未来予ツールによるエントリー位置最適化とオートチャーティストによる決済位置最適化で勝率と利益率を上げる工夫をしているわけですが、ここまで上手くいくと気持ちよいですね。

(2) 4月のスパンモデル取引結果まとめ


続いて未来予想ツールやオートチャーティストの状態を確認してみます。

まずは未来予想ツール。みらい予測チャートは円安優勢の予想、お天気シグナルは若干円高予想もあるのであまり伸びないかもしれませんが、この状況であれば円安と予想して円安方向にエントリーしています。

みらい予測チャートお天気シグナル


ちなみに未来予想ツールでは先日書いたようにツールの予想と相場変動が完全に合致するパターン(※1)も出ますし、現在の相場状況を把握する際にも使えます(※2)。

※1:的中した際の画像(ツール画像と実際の相場変動を合わせたもの)
未来予想ツール的中画像

画像を掲載した際の過去記事→未来予想ツール的中も取引は自主ルール時間外で行わず

※2:→雇用統計に向けての取引戦略。未来予想ツールの使い方

● 未来予測ツールの「みらい予測チャート」入金なしで使えます
 外為どっとコム「みらい予想チャート」詳細
http://www.gaitame.com/index.html

※このツールは外為どっとコムで提供されているもので、
 口座開設すれば誰でも5週間使えます。入金も必要無し。

 その後も使いたい場合は、1lot(1000通貨)の取引をすれば
 そこから13週間使えますので、取引後即決済すれば、
 数十円で3ヶ月使える、みたいな感じで使い続けることが可能です。

http://www.gaitame.com/index.html


また決済位置最適化に利用しているオートチャーティストのPrice Range Forecast(ゾーン分析)はこんな感じ。今日もわずかですが円安方向に変動予想幅が変化してきていますので、円安方向へ動くことを予想してエントリーしています。

決済時はまたこれが時間の経過とともにどちらに変化していくかをチェックしていくと準備しやすいので、随時チェックします。

オートチャーティスト


現在のような相場ではこういったツールで過去のデータを元にした情報を集めていくのは有効で、普段自分がやっているように少額利益や少額損切りになるような場面での勝率と利益率の改善はかなりはっきり数字(利益差)となって出てきます。

こういったツールの導入は最初手間に感じると思いますが、一度さわっていくとどんどん慣れてきて手間がかからなくなり、工数に対する利益という点で効率良くなっていきますし、実際こちらで週末行われている投資家勉強会の参加者でも使った人の実績が向上しており、オートチャーティスト以外のツールでも同様の傾向が見られるので、こういったツールは使わないと損と言えます。

ちなみに自分が自主ルールで決めている取引時間は、下記のようにポンド円のデータで動きが出やすい時間とも合致しているので、他の通貨で取引している方はこういった動きやすい時間で取引するように変えていくだけで随分取引の効率が変わるでしょう。

Price Movement Range by Hour
(表示はこちらロンドン時間。日本でログインすれば日本時間で表示されます)

こういったツールはこちらロンドンでは多くの個人投資家が使っており、投資家勉強会に参加している人はツールの種類こそ個人の好みがあるものの利用率は100%です。それだけ勝率や利益率、ルールの策定などに役立っているということですね。

ちなみに日本だとIG証券でこのツールが使えるようになっていますし、下記のようにキャンペーンもやっているので、まだ使ったことが無い人は是非使ってみてください。IG証券の本拠地はこちらロンドンであり、さすがこういったツールを提供するあたり、わかってるなと感じます。



またIG証券では、先着200名で最大5万円キャッシュバックを実施中。なんと口座開設+入金後1ロット取引だけで1万円もらえるのですが、これは取引後すぐ決済してももらえます。なのでスプレッド分だけ損するとしても、数百円のコストで1万円が手に入るオトクなキャッシュバック。ちなみにロット数が増えれば最大5万円なので、まだ申し込んでいない人は先着順なので早めに申し込んでおきたいですね。

今月末まで!まだの人は必見!数百円で1万円~5万円が手に入る。
IG証券キャッシュバックキャンペーン詳細

ig20170501.jpg

VIA:https://www.ig.com/jp




0 Comments

Leave a comment