FXデイトレードの基本(売買ルールと勝率・利益率の関係)

今回の記事はFXデイトレードの基本についてと、スパンモデル実践検証1238回目となる3月13日月曜の取引結果について。週末の投資家勉強会で、FXデイトレードの基本というお題で売買ルールと勝率、利益率の関係について議論してきたのでブログで共有したいと思います。
FXデイトレとスキャルピングの違い



(1) FXのデイトレードとは何か



FXのデイトレードってそもそも何だろう?というところからあえて解説しますが、デイトレードの定義は「その日のうちに取引を終えること」、つまりポジションを持ち越さないことであり、時間が1時間であろうと5時間であろうとデイトレードはデイトレードです。

ただ超短期売買として「スキャルピング」という取引方法も存在し、こちらは1回の取引に数分から数十分とかなりの短時間で取引を終えることを前提に、利ざやも数pips程度と小さく目標設定をして、それを何度も繰り返すのが特徴です。

FXデイトレとスキャルピングの違い

今回はデイトレードの基本について書きますので、このスキャルピングではなく、ある程度時間もかけるが当日中に決済するということ、また利ざやも数pipsを目標にするのではなく数十pips~100pips程度(結果として)になる取引スタイルについて記載します。

(1) デイトレードがスキャルピングよりも良い理由



FXにおいてデイトレードがスキャルピングよりも良い点はいくつかありますが、こちらロンドンで週末行われている投資家勉強会において一致した意見が「取引手法を確立しやすい」という点が最も優れているという話になりました。

スキャルピングの場合短時間で取引を繰り返すため取引手法というよりは刹那的な取引になりがちで、しっかりルールに基づいて利益をある程度取っていくというよりは、とにかく回数をこなして稼ぐ点において意外と手間がかかります。

一方でデイトレードは1日のなかで流れを見てエントリーし、小さな値動きで一喜一憂せず決済まで至るので、取引手法を確立しやすく、付随するルールを作りやすいという特徴があり、それは自分のスパンモデルと自主ルールの関係を見てもらってもわかると思います。

(3) デイトレードにおけるルールの重要性



FXのデイトレードにおいて最も重要なのはルールの策定です。取引手法も含めどういうルールを作るか。そしてそれを的確に遂行していくかがデイトレードでの成功、失敗を分けることになるのですね。

そしてどんなことがあっても最初に決めたルールを守ることが、デイトレードでは最も重要と言えます。なぜなら人間は感情に左右されやすく、相場変動は感情を直接的に揺さぶってくるものだからです。

これは投資家勉強会でとったアンケート調査でも明らかで、初心者であってもルールを作って守っている人ほど成績が良く、ルールがない人、あるいはルールがあってもそれを守れていない人は成績の波が激しかったり、損失も大きかったりする傾向にあります。

(4) デイトレードのルールを作る方法その1(取引時間を決める)



これは初心者の方でも上級者の方でも共通して言えることで、まず取引時間を決めるところから始めるとスムーズです。なぜなら人によって生活リズムが違い、取引にあてられる時間は人によって違いますから、まず自分が取引できる余裕がある時間はどこか。これを明らかにすることからスタートすると良いでしょう。

その上で取引できるそうな時間が決まれば、その時間帯にどの通貨ペアが動きやすいかを調べます。これはオートチャーティストという世界的に有名なFXツールの中に、通貨ごとに動きが出やすい時間がデータとして出ているので、これを参考にするのがベスト。

Price Movement Range by Hour
(表示はこちらロンドン時間。日本でログインすれば日本時間で表示されます)


オートチャーティストはこちらロンドンでもかなり多くの人が使っていて、日本ではIG証券でこのツールが使えるようになっています。また下記のようにキャンペーンもやっているので、まだ使ったことが無い人は是非使ってみてください。IG証券の本拠地はこちらロンドンであり、さすがこういったツールを提供するあたり、わかってるなと感じます。


IG証券では、先着150名で最大5万円キャッシュバックを実施中。なんと口座開設+入金後10ロット取引だけで4万円もらえるのですが、これは取引後すぐ決済してももらえます。なのでスプレッド分だけ損するとしても、数百円のコストで4万円が手に入るオトクなキャッシュバックなので、まだ申し込んでいない人は先着順なので早めに申し込んでおきたいですね。

先着150名限定!まだの人は必見!数百円で4万円が手に入る。
IG証券キャッシュバックキャンペーン詳細

20170404ig.jpg


※ちなみにキャンペーンページ上部には、前回のキャンペーンが終了した旨の記載がありますが今回のはまだ終了してないので、日本に住んでる方はチャンスです。(海外赴任中の僕は日本の口座を開けないので)

igcpn20170303a.jpg
↑のようにサイトの上部に書いてある「終了しました」というのは以前のキャンペーンなので、そのしたの細いバナーをクリックすると今回のキャンペーンが出てきます。(人数限定だから余り知られたくないのかも?)

VIA:https://www.ig.com/jp


(5) デイトレードのルールを作る方法その2(手法を決める)



続いて大事なのは取引手法です。自分はいくつかの投資手法を試して検証もした結果、2011年からスパンモデル投資法を取引手法として取り入れ、そこに自主ルールを組み合わせる形で成功していますので、取引手法はどうすれば良いか迷っている方はスパンモデルを試してみると良いでしょう。

spmdl.jpg

スパンモデルはシティバンクやオランダ銀行などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いた柾木利彦氏(※1)が考案されたテクニカル指標で、投資顧問<関東財務局長(金商)第1898号>の許可も受けているうえ、日本でもFX業者の多くがチャートに標準搭載していて信頼性が高い投資手法です。

※1 柾木利彦氏プロフィール(クリックで拡大)
spmdl2s.jpg

スパンモデルについて(過去記事)
・「スパンモデル投資法」実践検証開始の経緯。設定方法など。

(6) デイトレードのルールを作る方法その3(通貨ペアを決める)



通貨ペアの選択は非常に大事です。単純に値幅が大きければ良いというものではありませんが、自分が取引したい時間帯をまずチェックしたら、その時間帯に動きが出やすい通貨ペアを調べると良いでしょう。

これも先ほどオートチャーティストから調べることが可能で、通貨ペアによって動きが出やすい時間帯が違うので、自分が取引する時間帯に良く動く通貨をまずチェックし、さらに値幅が出やすいポンドなどと比べて決めていくのが良いと思います。

例えばドル円だと下記のようになっていて、先ほど掲載したポンド円とはまた違う時間帯に動きが出やすいのがわかると思います。

prf20170314.jpg

(7) デイトレードに関するまとめとコツ



ここまで来ると、取引時間・手法・通貨ペアとルールの大半は決まってきますし、スパンモデル投資法を活用する場合は取引方法も決まっていますので、あとは忠実にルールを実行していくだけです。

また仕事や生活と投資の位置づけはかなり重要になるので、自分のように仕事と投資が影響しあう場合は時間の制約や通貨ペアの制約など自主ルールを加えていくのがコツのひとつです。するとより自分好みのルールになり、利益も出しやすくなると思います。

そして最も重要なデイトレードのコツ。それは冒頭にも書いたように「決めたルールを守ること」これにつきます。こちらロンドンの投資家勉強会には、投資経験が浅い方からかなりベテランの方まで様々な方が参加していて年齢層も様々ですが、ルールを守っている人ほど成績が良いというのがアンケート結果で明らかになっています。

またそれとは逆に、投資の世界で長く生き残っている人ほど、ルールの重要性とルールを守ることの重要性を感じていて、勉強会の参加者にも伝えるように努力している方が多いです。

相場が大きく動いて予想以上の利益が出そうな局面でもルール上決済するべきときには実行する。また戻して利益が出るかもしれないと思う相場であっても、ルール上損切りすべきときには必ず損切りする。そして結果戻したとしても「あのとき損切りしなければ・・」などとは絶対に思わない。(思ってもそれでルールを変えない)

こういったことはFXのデイトレードを成功させる上でかなり重要です。それだけ人間は感情に左右されやすい動物であり、相場は勘定をゆさぶる要素を多く持っているものなので、冷静な時に考えて作ったルールをちゃんと守り通すということが最大のコツと言えるでしょう。

このあたりはかの有名な投資家、ウォーレン・バフェットも言ってますね。「感情をコントロール出来ないならば、投資のプロセスには向いていない」と。相場の前では理性と感情が常に闘っていると思っていて良いでしょう。バブルが産まれるのも感情ゆえなわけで、感情をコントロールするためにも、ルールが重要であり、そのルールを守り続けることがもっと重要で、それがデイトレードを成功させるコツと言えるわけです。

(8) 月曜の取引結果



最後に月曜の取引結果だけ記録しておきます。
取引概要は以下の通り。

******************
月曜のデイトレ(スパンモデル)取引結果
******************
 ・エントリー時間:6時50分頃(日本時間15時50分頃)
 ・エントリー位置:139.948
 ・トレード方向:ロング
 ・枚数:9枚
 ・決済時間:9時30分頃(日本時間18時30分頃)
 ・決済位置:139.933
 ・利益額:-1,350円
******************

取引の順序や取引手法は以下。



エントリー地点と決済地点は以下の位置でした。

spn20170313.jpg





スパンモデル詳細↓
---------------------------------------------
「プロの分析」を真似れば勝てる!?スパンモデル投資法
世界的有名なテクニカル指標「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」

http://www.xfine.info/mur/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」実践検証開始の経緯。設定方法など。
・「スパンモデル」の使い方、自分で設定した活用方法のルール
---------------------------------------------


スパンモデル・スーパーボリンジャー標準搭載のチャートを
タダで利用するならマネースクウェアジャパンの「マイページ」から↓
---------------------------------------------
「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」標準搭載!!
https://www.m2j.co.jp/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」をタダで利用する方法
---------------------------------------------



未来予測ツール「みらい予測チャート」詳細↓
---------------------------------------------
未来予測ツールの「みらい予測チャート」入金なしで使えます
 外為どっとコム「みらい予想チャート」詳細
http://www.gaitame.com/index.html

※このツールは外為どっとコムで提供されているもので、
 口座開設すれば誰でも5週間使えます。入金も必要無し。

 その後も使いたい場合は、1lot(1000通貨)の取引をすれば
 そこから13週間使えますので、取引後即決済すれば、
 数十円で3ヶ月使える、みたいな感じで使い続けることが可能です。

<関連過去記事>
・スパンモデルの勝率を上げる工夫「未来予測ツールを組み合わせる」
---------------------------------------------

0 Comments

Leave a comment