プロの為替トレーダーが実際にやっている取引手法について

週末の投資家勉強会に、以前為替ディーラーをやっていた方が講師的な立場で来てました。これは根掘り葉掘り聞かねば、ということで実際プロはどんな手法で取引してるんですか?と直球を投げてみたら、噛み砕いて教えてもらえたので共有します。

spn20170221pro.jpg

スパンモデルとツールを併用した月曜のデイトレ結果(検証1224回目)は記事の後半に画像とともに詳細を書いています。
プロの為替トレーダーがやっている手法
 (1) ストップロスの場所を意識せよ
 (2) 勝ち続けるシステムは無い
 (3) 上下は関係ない。値動きの大きさを意識せよ


プロの為替トレーダーがやっている手法

直球で質問したので少々相手も戸惑っていましたが、プロの為替トレーダーがやっている手法のなかで一般の人にも受け入れやすく、かつ効果的なコツをいくつかピックアップして教えてもらうことができました。

またそれを題材に投資家勉強会の参加者で議論したのでその内容も合わせて紹介します。

プロの手法




(1) ストップロスの場所を意識せよ

まず最初に教えてもらったのが「ストップロスの場所を意識せよ」というお話。ここで言うストップロスは、自分がおいた注文という意味ではなくて、世界中の注文の多くが、「ここに来たら撤退」と思って置いている場所とのこと。

それまでレンジを形成して何度も跳ね返されている場所は特にそうですが、ここを超えたら一気にトレンドが形成されるという場所がありますよね。

長い時間軸、短い時間軸でその「集まってきている場所」を意識してそこを超えたらその動きに合わせてついて行くんだというのが定石で当たり前のようで意外と多くの人ができてないとおっしゃってました。

投資家勉強会のメンバーでも色々この点について議論してみたところ根拠(ツールとか)を持って意識してるという人は半分ぐらい。

自分の場合未来予想チャートによって自然と意識できるクセがついてますが、何気なく意識していたことが結構重要だったと改めて思い知って、なんだかトクしたような気持ちになりましたw

未来予想チャート






(2) 勝ち続けるシステムは無い

これはシストレに関しての注意点として。

こちらロンドンでも多くのトレーダーがシステムトレードを使っていて使っていない自分は珍しい方に入るのですが、勝ち続けることは無い、絶対とのこと。

せいぜい3ヶ月、長くもって半年程度勝てれば十分であり、システムトレードに精通しているプロでも、常に入れ替えを考えながらその相場にあったシステムを採用するようなことを言っておられました。

なので組み合わせで勝つ、ポートフォリオで勝つ、みたいな感覚ですね。

一般の人はシステムが勝っているとそれを使い続けてしまい、最初に出た利益があるから、と成績が下降線をたどってきてもしばらく使い続けてしまうそうです。貯金があると思うわけですね。

オススメは1ヶ月ごとのチェックで、過去の成績の平均を10%下回ったら入れ替え候補に、30%下回ると即入れ替えなどルールを作っておくと良いとのことでした。

シストレ




(3) 上下は関係ない。値動きの大きさを意識せよ

今後上がる、下がる、円安になる、円高になる。こういった予想は無意味だとおっしゃってました。

予想して当て続けることは不可能であるとも。

なので結局のところ、上下どちらに動いても勝てるようにする。そのためには、上下ではなくて値動き(波)が大きくなるか小さくなるか。それを見極める目を養うことが重要だとのことでした。

これはスパンモデルで取引していると良くわかります。

スパンモデルの特徴は損小利大にあるわけですが、日々の小さな値動きでは小額利益や小額損失が多いです。

その一方でしっかり相場が伸びたときは利益が大きくなり、小額損失分など一気に取り戻せるというパターンが繰り返されるので、波の大小によって行動が変わってくるわけですね。

波に乗る


値動き(波)の大小を見極めるというのは、ここでいう小額決済のように小さい値動きでは早く決済、波に乗れているときは乗り続ける。この点に集中すれば良いが、できている人は少ないとのこと。

自分はスパンモデルの実例を出して話を聞いてみたんですがIchimoku!とか勘違いしながらも、かなり良いねとの言葉をもらいました。(まあ一目ベースなので外れてるわけではないですがw)

結局のところスパンモデルも、上下どちらに取引するかは正直どっちらも良い、みたいな次元になってきますし、順張りなのでどっちについて行ってもやることは決まっている、ただそれだけなんですよね。




今回の投資家勉強会では、他にもトレールの話なども議論しましたがプロのトレーダーの手法というか、考えていることを直接聞けたのでその点はかなり良かったかなと思います。

結局のところ手法というよりも、意識すべきところをキッチリ意識し、ルールに従ってトレードするのみであり、感情を完全に排除するとのことで、逆に一般人は感情が入ったり、ルールを守り切れなかったり、意識すべきところが全然意識できていなかったり

その組み合わせと精度の違いだという話だったので、一般人でもやればちゃんとできるよ、と教えてもらったのと、スパンモデルの取引に対して良い反応を貰えたのは自分としてはかなり収穫でした。

******************
月曜のデイトレ(スパンモデル)取引結果
******************
 ・エントリー時間:8時20分頃(日本時間17時20分頃)
 ・エントリー位置:140.794
 ・トレード方向:ロング
 ・枚数:9枚
 ・決済時間:10時頃(日本時間19時頃)
 ・決済位置:140.971
 ・利益額:+15,930円
******************

スパンモデル取引結果

スパンモデルが無料で使えるチャート(現在使っているチャート)について
 ・「スパンモデル投資法」を無料で利用する方法





スパンモデル詳細↓
---------------------------------------------
「プロの分析」を真似れば勝てる!?スパンモデル投資法
世界的有名なテクニカル指標「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」

http://www.xfine.info/mur/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」実践検証開始の経緯。設定方法など。
・「スパンモデル」の使い方、自分で設定した活用方法のルール
---------------------------------------------


スパンモデル・スーパーボリンジャー標準搭載のチャートを
タダで利用するならマネースクウェアジャパンの「マイページ」から↓
---------------------------------------------
「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」標準搭載!!
https://www.m2j.co.jp/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」をタダで利用する方法
---------------------------------------------



未来予測ツール「みらい予測チャート」詳細↓
---------------------------------------------
未来予測ツールの「みらい予測チャート」入金なしで使えます
 外為どっとコム「みらい予想チャート」詳細
http://www.gaitame.com/index.html

※このツールは外為どっとコムで提供されているもので、
 口座開設すれば誰でも5週間使えます。入金も必要無し。

 その後も使いたい場合は、1lot(1000通貨)の取引をすれば
 そこから13週間使えますので、取引後即決済すれば、
 数十円で3ヶ月使える、みたいな感じで使い続けることが可能です。

<関連過去記事>
・スパンモデルの勝率を上げる工夫「未来予測ツールを組み合わせる」
---------------------------------------------

0 Comments

Leave a comment