FXで勝つために役立った本3選(メンタル編)

今日は過去自分が実際に読んだ本のなかで役だった本、特に「メンタル面」で役に立った本を紹介します。

FXで勝つために役立つ本

スパンモデルとツールを併用したデイトレ結果(検証1213回目)は記事の後半に画像とともに詳細を書いています。
FXで勝つために役立った本3選(メンタル編)
 (1) 30ドルを確実にもらうか、80%の確率で45ドルの方がよいか?
 (2) 「アルコール中毒症患者」と「一皮むけることのできない投資家」の共通点
 (3) 「指の長さ」で投資に勝てるかがわかる?


FXで勝つために役立った本3選(メンタル編)


以前「FX初心者の失敗パターン。大損する前に知っておきたい人間心理」でも書いたように、FXで勝つためにメンタル面の研鑽は必須です。

自分の取引経験の中では、分析3割、ツールやチャートの活用4割、メンタル3割、ぐらいの感覚で考えていて、以前チャートやツールがこれほど出てくるまでは分析4割、ツールやチャートの活用3割、メンタル3割と思っていました。

こちらに赴任してきてからは投資家勉強会でメンタルのことも聞き、オススメの理論に関する書籍を読んだりして、今では随分冷静に相場と自分を見て投資行動に移ることができるようになっています。

正直この3冊だけでも、読んだ人と読まない人では全く運用成績が変わってくるだろうと思うほどなので、まだ読んだことがない人は、是非手に取ってみてください。



(1) 30ドルを確実にもらうか、80%の確率で45ドルの方がよいか?

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?
  (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


ノーベル経済学賞受賞を受賞したカーネマンさんが書いた本です。

それまでのFXでの失敗の原因が全てわかってしまった、ぐらいの衝撃で、投資以外でも普段の何気ない生活のなかにおいても、実はこんな心理が働いていたのかと驚いた一冊。

ファスト&スロー(上)


30ドルを確実にもらうか、80%の確率で45ドルの方がよいか?」といったわかりやすい事例で人の心理と行動(選択)の傾向や意外と不合理な選択をしているということを教えてくれます。

この本を読んで、日常生活でもいかに不合理な選択をしていたのか・・と軽くショックを受けましたが、読んだおかげでFX取引以外のことも含めて世界が変わったというか、自分自身を俯瞰的に見ることが出来るようになり色んなことが上手く回るようになった気がします。

平たく言うと、今まで自分のことをなんもわかってなかったんだな、と思い知らされる本ですw

下巻もあるのですが、上巻だけでも十分読み応えがありますし、今回の3冊の中でも一番オススメの1冊です。

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?
  (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)




(2) 「アルコール中毒症患者」と「一皮むけることのできない投資家」の共通点

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
 (パンローリング)


もはや説明する必要もないぐらい、投資の世界で有名な本。

投資家にとって必要なものは「規律」である、という部分や、トレーダーとしての成功は感情をいかにしてコントロールするかにかかっている、という点は強烈に納得できる部分であり、自主ルールを決めていく際や取引における自分の行動を決める基準を作る際に大いに参考にしました。

投資苑


ただ難点は高いんですよね。

500頁ほどあることや、書いてある内容が後に投資で役立ったことを考えると安いんですが、普通に1冊の本がこの値段かよ、と思ってしまう値段ではありますw

でも心理から始まってテクニカル指標もほぼ網羅していますし、勝てる勝てないの差は手法ではなく感情であることなど、読んで損はない1冊だと思いますね。

現在は投資苑2投資苑3も出ていて、そちらのほうがより実践的なのですが、読み物としては投資苑1のほうが圧倒的に衝撃を受けるというか、まとまりがあって、自分の中に財産として残ると思います。

投資苑 - 心理・戦略・資金管理
 (パンローリング)




(3) 「指の長さ」で投資で勝てるかがわかる?

脳には妙なクセがある
 (扶桑社新書)


今回オススメの3冊の中では最も読みやすい本です。

日本人が書いているということが一番かもしれませんが、内容もカジュアルというか、重たくない点が良いです。

人差し指と薬指の長さの比で、勝てるかどうかがわかる、みたいな箇所もあるので、楽しみながら読めるのが良いのと、じゃあテストステロンを増やすには・・とか、若干道を逸れる感じで実生活と投資を結びつけて楽しく過ごせるようになるかもしれません。

spn20170201e.jpg


あとは背筋を伸ばすと集中力が出てくるとか、やる気はやり出したら出てくる(やらないと出てこない)など、身体と脳の関係は、当初思っていたのと逆だなというのもわかります。
 
脳が身体をコントロールしているのではなく、逆だということですね。

こういったところは仕事でも役に立つ知識だなと思っていて、人間の感情や心理と行動の関係を把握しておくことで、投資においても冷静に行動することができるようになると思います。

本格的に行動心理学・経済学という分野を掘り下げるなら、1冊目に紹介したファスト&スローが良いと思いますが、まず入口としてどんな世界かのぞいてみたいのであればこの1冊からスタートするのがオススメです。

脳には妙なクセがある
 (扶桑社新書)


以上、自分が読んでみて役に立った本の紹介でした。

知的好奇心満載ならいきなりファスト&スロー、テクニカル面も含めてスキル全体をあげたいなら投資苑、まずは気楽なところから入るなら脳には妙なクセがある、といった選択をするのがオススメです。


******************
今回のデイトレード概要
******************
 ・エントリー時間:7時40分頃(日本時間16時40分頃)
 ・エントリー位置:142.522
 ・トレード方向:ロング
 ・枚数:9枚
 ・決済時間:16時10分頃(日本時間25時10分頃)
 ・決済位置:143.492
 ・利益額:+87,300円
******************


スパンモデル

スパンモデルが無料で使えるチャート(現在使っているチャート)について
 ・「スパンモデル投資法」を無料で利用する方法


2月のスパンモデル確定利益額(1勝0敗)
******************
+87,300円
******************
・2/1の取引結果 +87,300円

スパンモデル利用後の累計利益(2011/11/21~)
******************
+18,050,562円
******************



スパンモデル詳細↓
---------------------------------------------
「プロの分析」を真似れば勝てる!?スパンモデル投資法
世界的有名なテクニカル指標「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」

http://www.xfine.info/mur/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」実践検証開始の経緯。設定方法など。
・「スパンモデル」の使い方、自分で設定した活用方法のルール
---------------------------------------------


スパンモデル・スーパーボリンジャー標準搭載のチャートを
タダで利用するならマネースクウェアジャパンの「マイページ」から↓
---------------------------------------------
「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」標準搭載!!
https://www.m2j.co.jp/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」をタダで利用する方法
---------------------------------------------



未来予測ツール「みらい予測チャート」詳細↓
---------------------------------------------
未来予測ツールの「みらい予測チャート」入金なしで使えます
 外為どっとコム「みらい予想チャート」詳細
http://www.gaitame.com/index.html

※このツールは外為どっとコムで提供されているもので、
 口座開設すれば誰でも5週間使えます。入金も必要無し。

 その後も使いたい場合は、1lot(1000通貨)の取引をすれば
 そこから13週間使えますので、取引後即決済すれば、
 数十円で3ヶ月使える、みたいな感じで使い続けることが可能です。

<関連過去記事>
・スパンモデルの勝率を上げる工夫「未来予測ツールを組み合わせる」
---------------------------------------------

0 Comments

Leave a comment