なぜ初心者はFXで勝てないのか?投資家勉強会でわかった5つの理由

スパンモデル、スーパーボリンジャー実践検証1209日目となる1月26日木曜の取引は、ブログでもロングでエントリーしている、と書いたように3日連続のロングで利益を出すことが出来ました。

スパンモデル
(取引詳細は記事の最後に箇条書きで書いています)

スパンモデルが無料で使えるチャート(現在使っているチャート)について
 ・「スパンモデル投資法」を無料で利用する方法


今回などは日本にいたらもっと利益が出ていたという展開で、スパンモデルとツールを併用している方なら勝てたのではという相場でしたが、このように勝ちやすい相場でも勝てない方が初心者には多く見受けられます。

それは日本に限ったことではなくて、こちらの投資家勉強会でも初心者の方を交えて議論しアンケートをとったことがあって、なぜ勝てないのか、小さな失敗を避けようとして大きな失敗をしたり大損をしてしまうのか。結果として5つの大きな理由が出ましたのでその内容を紹介しようと思います。

初心者が勝てない理由



なぜ初心者はFXで勝てないのか?
投資家勉強会で議論した5つの理由


投資家勉強会ではロンドン在住の個人投資家が集まって初心者から上級者と言える方までが揃い、様々なことを議論したり意見交換したりしています。

そのなかで頻繁に出てくるのが「初心者が何故勝てないか」「初心者と上級者の違いは何か」ということなのですね。

こういうことをブログで書いても良い?と聞いたらいいよいいよ!と快く承諾を貰ったので、日本の皆さんにも共有します。

勉強会


(1)資金管理が全く出来ていない

一番の理由として共通していたのが資金管理ですね。資金管理はその資金に対してどれだけの取引量にするか、といったレバレッジの問題だけではなく、メンタル面に大きく作用します

そのため資金管理が全く出来ていないと、正しいやり方で注文は出したのに資金管理に不安があって、まだ伸びる可能性があるポジションを早く決済し結局利益が小さく損失は大きくなるということになりがち。

スパンモデルでは元々手法として損小利大が出来ているので資金管理が万全でなくても多少は手法により修正できますが、最後は自分のメンタルが決済などの行動に関わってくるので、勝てるやり方や手法があっても、資金管理のせいでそのやり方が正しく実行出来ないという例が多く出ていました

資金管理は口座に入っている証拠金から銀行にある資金、そして注文量によってレバレッジがどうなるかなど多岐にわたりますが
一つ一つを確認して現状をノートに書くことから始めると良いと思います。

資金管理


(2)為替予想や戦略を柔軟に変更できない

これは性格もあるという議論になったのですが、最初に考えた予想や取引戦略にしがみついてしまって、損切りが遅くなったりするパターン。

勿論これにも資金管理が関わってくるわけで、長期投資でホールドする期間が長いような場合には戦略を守ることは重要なわけですが、デイトレードのように短期取引においては柔軟に変更できることが重要。

ある意味聞く耳を持つというか、自分は間違っていたと認められる、さらには分岐点にさしかかって片方の道を選んだとしてもまた元に戻って違う方向へ考えることが出来る能力や意識ですね。

分岐点


(3)取引するためのツール数が少ない

これはチャートや予想ツール、情報ツールなども含めてですが、チャート1つ、という人も結構多いというのがわかったんですよね。

投資家勉強会でとったアンケート結果で、約6割の人がチャート1つで、情報はネットで見てるというのが判明しました。

それに加えてアンケートでの投資経験や勝ち負けを見るといわゆる初心者や負けて困っている人ほどツールは少なく、判断基準が少ないということがわかったのですね。

これは結構大きな問題で、確かに相場は一つであり、世界で共通の相場です。でも様々な角度から見ると同じ相場でも違って見えることになるわけです。

例えばこちらロンドンでは天気に対してのアンテナがかなり敏感で人によって見るニュースサイト(天気予報)の種類も数も違いますし、鳥の様子や虫の様子、花の様子、風の吹き方、あとは街の人々の格好など色んな要素から天気を推測してる人がいます。

なのに相場となると、BBCのニュースとチャートしか見ない、みたいな人がかなり多くいたわけで、それは変えてみると良いよ、ということになって実践して成果が出ている人が増えてきました

自分自身も投資家勉強会でツールの併用を学んだわけで、日本のツールを使って独自に研究して検証もしてみた結果、勝率も利益率もアップしましたので、この効果は大きいと思います。



自分としては日本のツールは世界的に見ても使いやすく、分析の深さも当然必要ではあるものの、使いやすさとのバランスは結構良いところに来ているなと思うので、色々使ってみると良いと思います。

未来予測チャート
お天気シグナル


(4)相場予想には興味があるが、相場を見るのは好きじゃない

これも初心者の方に多かったです。また初心者というよりは相場を見るのが好きになれるかなれないかで、投資を続けるかやめるか、という道が分かれていくのではないかという議論もありました。

相場予想は誰でも興味があります。勝てる情報なら見たいですし、勝ち方やその相場に適した手法を考える余地が出来ますから。

しかし、取引しない時間でも相場に興味を持てるかはかなり個人によって差がありますし、実際アンケートでも議論の仕方を見ても差がありました。

ポジションを持っていれば誰でも相場が気になりますが、そうでないときに、相場のことを面白がって見ることができるか、
興味を持てるか、もっと言えば好きになれるかがその後の投資による成功と失敗を分ける
と思います。

分かれ道

(5)ノートなどに記録したことがない

最後の5つ目はこれです。原始的ですがノートを使っているかあるいはメモでも良いので実際に手で書いているかどうかというアンケートをとった結果、初心者から経験者まで手で書いている量が多い人ほど実績が出ていました

ここで大事なのは、初心者でも実績が出ている、つまり勝てている人がいたということです。

現在ではパソコンがあるのでパソコンの画面を見て頭で情報を処理しているつもりになってしまいますが、やはり手を動かしてメモを取るということの効果は同じように頭を動かしているのでも違うようです。

昔から手で憶える、みたいなことを言いますよね。それって取引においても重要なことと思われますし、これは誰でも今すぐ出来ることなので、やってない人は是非すぐにやってみると良いと思います。

メモ


いかがでしたか?こちらの投資家勉強会では結構こういった議論が頻繁になされ、その場で興味があったらすぐアンケートをとったりして議論を深めたりしています。

大人数というわけではないので、アンケート結果自体が統計上どうなのかというところはあるものの、何かの参考になれば嬉しいです。

******************
今回のデイトレード概要
******************
 ・エントリー時間:8時10分頃(日本時間17時10分頃)
 ・エントリー位置:143.841
 ・トレード方向:ロング
 ・枚数:9枚
 ・決済時間:11時50分頃(日本時間20時50分頃)
 ・決済位置:143.988
 ・利益額:+13,230円
******************




スパンモデル詳細↓
---------------------------------------------
「プロの分析」を真似れば勝てる!?スパンモデル投資法
世界的有名なテクニカル指標「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」

http://www.xfine.info/mur/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」実践検証開始の経緯。設定方法など。
・「スパンモデル」の使い方、自分で設定した活用方法のルール
---------------------------------------------


スパンモデル・スーパーボリンジャー標準搭載のチャートを
タダで利用するならマネースクウェアジャパンの「マイページ」から↓
---------------------------------------------
「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」標準搭載!!
https://www.m2j.co.jp/

<関連過去記事>
・「スパンモデル投資法」をタダで利用する方法
---------------------------------------------



未来予測ツール「みらい予測チャート」詳細↓
---------------------------------------------
未来予測ツールの「みらい予測チャート」入金なしで使えます
 外為どっとコム「みらい予想チャート」詳細
http://www.gaitame.com/index.html

※このツールは外為どっとコムで提供されているもので、
 口座開設すれば誰でも5週間使えます。入金も必要無し。

 その後も使いたい場合は、1lot(1000通貨)の取引をすれば
 そこから13週間使えますので、取引後即決済すれば、
 数十円で3ヶ月使える、みたいな感じで使い続けることが可能です。

<関連過去記事>
・スパンモデルの勝率を上げる工夫「未来予測ツールを組み合わせる」
---------------------------------------------

0 Comments

Leave a comment